戻りたくない場所がある人間は強い

プロフィール

なんだか、バイト時代の話が続いていますね。この回でひとまず終わりです。 今回は、この時期に僕を救った、「決意」の重要さについてちょっと書きます。 29歳は稼ぐ年だと決めて、ガツガツ働きました。もともとの怪しいお仕事に加えて、これはまた別で書きますが、副業にも手を出していたので、お金は面白いように溜まりました。30歳から始まる暗黒の一年間が迫っていましたから(笑)、幾ら稼いでも足りないという思いがありました。 稼いでいる人というのははたから見ていて分かります。僕は必要な付合い意外では一切散財しないよう、財布の紐をぎゅうぎゅうに縛っていましたが、ちょっとしたところでお金のある気配って伝わるんですよね。割り勘にしたとき、思ったより会計が高くついても、顔をしかめなかった、とか。何かの費用についてのコメントに余裕があった、とか。そう言う小さなことに人は気が付きます。 それでも何かにお金を使っているわけでもなさそうだ。それで、周囲の人々は勘繰るようになります。あいつは余裕がありそうだから遊びに誘おうかと僕の顔が頭に浮かぶようにもなる。僕にしてみればこの一年間はただ稼ぐだけの期間ですから、遊びなんかに付き合って人生の貴重な時間を無駄にしたくはない。ただ、何度も断られると角が立ちます。それもまずい。 僕は、毎日顔を合わせる身近な人々には、独立して商売を始めるためにお金を貯めていることを打ち明けていました。可愛い後輩、という立場を利用して「応援したい」と思ってもらえるようにですね。「こいつを応援しよう」という空気さえ出来てしまえば、粗相をやらかさない限りは平和に過ごすことができます。 無理に遊びに誘って来る面倒な人に対しては、「実は借金があるのだ」と言っていました。 こういう、今思い出してもうんざりするような人付き合いにまみれた一年間を耐えることができたのは、30歳まで、と固く決めていたからでした。 手元にまとまった金が入って、「あれ? 自分ってお金持ち?」という感覚になっても、それに飲み込まれたら負けです。 「俺、金持ち」 から 「もうちょっと、この仕事してようかな」 までは、すぐです。 そうなったらあなたは一生、独立できない。できたとしても、独立を決意してから、最短距離で行動できなかった事実は、後々の自己評価に思わぬ形で響きますよ。自分を誤魔化すことだけはできません。 「これは自分の金じゃない」 ひたすら、そう考えることです。 資金稼ぎの時期っていうのは、ある意味で、独立後の稼げない期間よりもずっと苦しいんです。独立するぞって決めた段階で、周囲の人間が低レベルに見えるような気分になったり、妙な焦りが生じたりしますから。 「これは仮の姿だ」 と考えて頑張った、という仲間の話もよく聞きます。でも僕は、 「これはまぎれもなく俺の姿だ」 と思っていました。自分が心の中で馬鹿にしている人間と、同じレベルの人間なんだ、と、まずは思い知らなくてはいけない。そうしないと、飛躍できない。 足元がおぼつかないまま、飛ぶことなんてできません。 惨めな一年間だったと思います。だけど、僕は「可愛げのある後輩」をやりきったという自信があります。 30歳になったとき僕は、25歳の「先輩」にお世話になった礼を言いながら、二度とこの場所には戻らないという決意をあらたにしました。

初対面で主導権を奪いに行くことが大事

プロフィール

完全に独立する前、僕はフリーターのような生活をしていました。二十代半ばで広告代理店の営業職を辞め、うつ病のような状態になって半年ほど引き籠りました。手持ちの貯金がただ減っていくだけで、知り合いとも連絡を取らず、暗い部屋でネットばかりをする生活……。今思い出しても、あそこにだけは戻りたくない! と、恐怖に震えます。 半年後、僕は高校の時の友人に紹介されて、怪しいアルバイトを始めました。最初の二ヶ月ぐらいは地獄でした。ハードではあるけれども、華やかなイメージのある業界にいましたので、一転して路上でナンパのようなことをやっている自分を受け入れることがなかなかできなかったんですね。声を掛けても、無視されることがほとんどです。なんで自分がこんなことをしているんだろうと思い、可愛くもない女の子にシカトをされた時など、思わず暴言を吐きそうになるのを必死に押さえていました。 三か月ぐらい経った頃、少しずつ、コツを掴めるようになりました。うまく紹介するところまでいった案件はまだまだごく僅かでしたが、ちょっとこっちを向いたり、話を聞いてくれる子があらわれるようになったんですね。よく考えればこれは当たり前だと思います。毎日毎日歓楽街近くの路上に立って、二十歳ぐらいの女の子ばかりを目で追って声を掛けていれば、その街のペースに自分が溶け込んでいくんですね。気張らなくても、相手のリズムが掴めてくる。どういう歩調で追いかければ警戒されないかが分かるようになります。 人は、自分と似ているものに対して評価を甘くする傾向がありますから。 彼女たちと同じ歩幅、身振り、喋りのトーンで近づいて行けば、心を開いて貰いやすい。 この経験から得たことは、今でも僕にとって財産になっていると思います。初対面の相手の属性を把握し、自分をその仲間だと思わせること。 話を聞いてくれる子が増えてくるようになると、僕は色々とトークを工夫するようになりました。営業のときに勉強したことの幾つかが役にたったと感じています。 コミュニケーションの原則の一つに、人は言葉よりも態度を信用する、ということがあります。「綺麗ですね」「素敵ですね」と言いながら、馬鹿にした表情をしていれば、当然ながら相手は「こいつは信用できない」と感じます。逆に、「俺はいい人じゃないから」「あまり信用しないでね」と言いながら、まっすぐな目で見つめれば、向こうが勝手に「実は正直な人なんだ」と勘違いをしてくれます。要するに、非言語要素での印象操作に成功さえすれば、主導権を握ったも同然というわけですね。 これは、意外と、綺麗な女の子のほうが簡単だったりします。基本的に彼女たちは、近寄ってくる男が「自分に好意的な態度」を見せることに慣れていますから。そこを、プラスの意味で裏切ってあげることが必要です。具体的には、「お姉さん綺麗ですね」という言葉は必要最低限にとどめ、それを口にする際にも、できるだけ目を合わせないこと。嘘を言っているのではないか、と不安にさせるような態度を取ることです。そして、それ以外の要素を褒めるときに、最大限、心を込めます。話が面白いとか、声を好きだとか、なんでもいいです。重要なのは、その子の「容姿を褒めるとき」と「容姿以外を褒めるとき」のテンションをあからさまに変えること。 「綺麗だよね」(テンション激低) 「なにその返事! 可愛い!」(テンションマックス) 極端ですが、こんな感じです。 普段当たり前に与えられている「容姿への承認」が取り上げられてしまった彼女たちは、あとは放っておいても、むきになってくれます。「私の容姿を心から褒めないなんて、何よ、この男!」という感じですね。こうして一度ハンターモードになってしまった女の子は、欲しいもの(=僕から心のこもった「綺麗だね」を貰うこと)が手に入るためなら何でもする、という心境になっていきます。 言うまでもなく、このコミュニケーションスタイルは、地位のある人間にもそっくりそのまま応用することができるのです。 足元をすくわれた人間は、勝手に動いてくれる。これが、自分が楽をするための基本ルールです。まずは主導権を取りに行くこと。これを肝に銘じて生きていかなくてはいけません。

関わらないための料金は惜しまない

プロフィール

二十代最後の一年間、僕は来る日も来る日もスカウトをしていました。28歳の冬に、30歳になったら独立すると決めたのです。だから、29歳は資金を集めるための年でした。 路上スカウトマンには持ち場が決められています。近くのシマの人とか、同じ持ち場の先輩とか、よく顔を合わせるようになると付き合いが濃くなっていきます。僕はさぼらず毎日出ていたので、可愛がられるようになりました。飲みに行ったりお店に行ったり、奢ってもらうことのほうが多かったのですが。先輩たちは、お互いの売り上持ちあっているようでした。 僕は周囲の人々に「三十歳になったらやめます」と伝えていました。だから、あと一年間、よろしくお願いします、と、しっかり挨拶をしていました。この世界では連絡もなく突然消えてしまう、いわゆる「トぶ」人も少なくないのですが、僕はそのあたりで揉めないよう、かなり早めから退職について意思表示をしていました。できれば次の仕事でも人間関係を活かしたいと考えていたのです。泥臭い仕事であればあるほど、可愛げのある人間が得をするのは世の常です。 くだらないプライドは捨てて、媚びるときはきちんと媚びること。 大事なことだと思います。 とは言え、あまり言いなりになりすぎてもいけません。スカウトの方々との付き合いが長くなっていくと(この世界では二ヶ月でもすごく長い付き合いという感覚です)いわゆるアウトローな場所へのお誘いにも遭遇します。ここでの見極めはすごく重要です。 僕が独立を決めたのは、プライベートでも連絡を取り合う女の子が増えていって、彼女たちから色々な話を聞くようになってからでした。大手の事務所ならではの制約や、思うように稼げない悩みなどを聞かされるうちに、自分の紹介料がいかに微々たるものであるか、制作サイドがいかに儲けているかもおのずから明らかになりました。そのあまりの落差に歯噛みする思いでしたが、ふと、出演する側、接客をする側の女の子も、全てではありませんが、少なくない不満を抱えていることが分かってきました。僕なら距離が近いから、そういう不満を解消してあげられるかもしれないと思いました。 スカウトをできる自分が、制作もできたら、マージンも何もいらないんじゃ? ふと、そう思ったのがきっかけでした。結局、一人で全部出来る人間が強いに違いないのです。元手があり、マーケットが確保できさえすれば、大きくする必要もありませんからね。商材の女の子は集められるから、あとはお金と、業界でうまくやっていけるよう顔を売っておくことだと思いました。 そう決意してからは、プライベートで連絡先を交換した女の子たちと深い関係にならないようにしていきました。ご飯を奢ってあげたり愚痴を聞いてあげたりしたあと、部屋に連れ込んでいたんですが、それをやめました。いつでも愚痴を聞いてあげるから連絡してね、と言って、終電前に別れるようにしたんです。そうしたら以前よりモテるようになったのは皮肉なことですが(笑)、何はともあれ、それ以来僕は今まで、「お手付き」なしです。 機材をそろえてアダルト映像を制作し、自分のサイトを持とう。28歳の終わりごろ、そう決めました。僕は、できるだけクリーンなイメージを保とうと思いました。そのほうが女の子が集まりやすいと分かっていたからです。多少出演料が安くても、彼女たちは安心できる事務所を選びます。 だから、スカウトの先輩たちから「そういう場所」への付き合いを誘われたとき、安易に受けたりはしませんでした。言い方は良くないですが、誘ってくれたのがあまり権力を持っていなくて、今後も成功しそうにない人間であれば、はっきり断っていました。これはあくまで僕の感覚ですが、「そういうところ」に安易に誘って来る人ほど小者の印象があります。 断られると不機嫌そうにはしますが、たいがい、深追いはしてきません。「すいませんでした」と言って、徹夜明けの朝食を奢ったり、珈琲を差し入れたりと、小さな付き合いをしておけば問題ありません。 小者に支払う小銭は惜しまないこと。 これも重要ですね。ときに彼らは、良い宣伝塔になってくれます。暇な人ほどうわさ話が好きですからね。 「こんな奴」と思う相手にほど、仏の心で接するといいと思います。 独立を決心した時点で、小者に優しくすることを意識して行動して下さい。そうすれば、思わぬところから足元を掬われるということがなくなりますよ。 では、断れないような重役から「そういうところ」に誘われた場合はどうするか? これは、まだあまり考えなくてもいい問題です。地位のある人間は、一介のスカウトマンをわざわざ名指しで誘ったりしません。ただ、売れるようになってきたり、独立後にあいさつ回りをしたときに誘われる可能性はありますよね。どんな業界にも裏番長のような存在はいますから……。 正解は、「お金を包んで渡し、お誘いは断る」です。 クリーンでいるためには、お金がかかります。関わらないための料金というのは存在します。 誘われたとき、 「すみません、本当に行きたいんですが、明日の朝まで抜けられない仕事がありまして……。少ないですが、包ませていただきました。みなさんで楽しんでらして下さい」 と言って、さっと渡せるようにしておきましょう。 そういうとき僕が包むのはだいたい10万円程度ですが、あまり多いと味をしめられる可能性もありますので(笑)、可能であれば事前に相場を把握しておきましょう。同業者に相談すれば、意外と教えてくれますよ。 皆、儲かっている話をするのは嫌がりますが、お金で苦労した話は、進んで聞かせてくれる。そういうものなのですね。

つまみ食いで満足してたら這いあがれねえぞ

プロフィール

僕の場合、どれだけ沢山の綺麗な女の子と、どれだけ深く仲良くなれるか、ということが仕事の成果に直結しています。深く、とはいっても売れそうな相手の場合、手をつけるようなことはしません。同業者の話を聞いていると、皆、平気で仕事の女の子と寝たりしていて、びっくりします。そういう点では、僕は完全にクリーンです。まあ、その分というかなんというか、プライベートはけっこう乱れていますが(笑)。 なんで? と、よく聞かれます。Kさん、インポなんですか、とか。なんであんなに綺麗な子たちと毎日のように会ってるのに、変な気を起こさないでいられるんですか、と。実はこっそり食っちゃってるんでしょ、とかね。我慢できるわけないでしょ、と、彼らはいう訳です。 あのね、僕からすれば、我慢できるに決まってるんです。 だって、彼女たちは商品なんだから。 たとえば、有名なお菓子屋さんがあったとします。毎日そこそこお客さんも来るし、新商品の売れ行きも順調。そこにあなたがやって来ました。いい匂いにつられて、ふらっと入ってきたようです。小ぢんまりとした店舗ですが、内装の趣味は良く、色とりどりのお菓子が陳列されたショーケースは綺麗に磨かれています。あなたは、この店はアタリかもしれないと考えます。二つか三つ、お土産に買って帰ってみよう。 どの商品を買おうか悩んでいると、奥から、菓子職人がふらりと顔を出しました。彼はお客さんであるあなたへの挨拶もそこそこに、ショーケースに入っていたお菓子を手づかみで取り出し、もりもりと食べ始めました。あなたはびっくりして、なぜそんなことをするのかを問いただします。「だって、こんなおいしそうなお菓子を毎日見ていたら、我慢できないでしょう」と彼は答えました。 ……どう思いますか? 最悪ですよね。 先程まで魅力的だったはずのお菓子が、もしかしたら急に価値のないものに思えてきたのではないでしょうか。あるいはあなたは、何食わぬ顔をして商品を買って帰るのかもしれません。そうして、こんなことがあったと友人知人に言いふらすのかも。ひょっとしたら、その菓子職人に対して「正直な人だなあ」と好意を抱くこともあるのかもしれませんね。職人すら我慢が出来ないぐらい、魅力的なお菓子なんだ! と、評価を上げることも考えられます。 でも僕は、この行動にはリスクの方がでかいと思います。お菓子も女の子も、清潔感というのがすごく大切ですから。それから、人間の欲望の殆どはイメージに支配されています。お皿に盛って紅茶と一緒に食べるイメージ、手づかみで食べるイメージ。もちろん、どちらの食べ方にも違ったおいしさがあります。ただし僕に限って言えば、より高く売れる方を選ぶだけです。 経済的に成功したいのであれば、これはけっこう重要なポイントです。岐路に立たされた人間は「自分らしい」決断をしようと考えがちです。ここで、個性だのなんだのを切り捨てて、ただ儲かるだけのルートへ舵をきれる冷静さ、ある意味での「つまらなさ」を持てる人間だけが、成功できます。 覚えておいてください。お金を儲けたいのであれば、「あなたらしさ」という不衛生な価値観は早い段階で捨てるべきです。 そういう訳で、僕は、商品にすると決めた女の子には絶対に手を出しません。綺麗な女の子と仲良くなりたければ、その子をプロデュースすることで儲けたお金を使って誰かを口説けばいいだけの話です。お客様感覚の抜けない事業主はキケンだと、僕は思っています。

いい女にはいいベッドを

プロフィール

なんか暗い話が多くなってきたので、女の子の話でもしましょう。 よく、犬は人に懐き、猫は家に懐く、と言いますよね。 僕の持論ですが、女の子はベッドに懐く、と思います(笑)。 僕は独身ですがモデル級の美女の彼女がいます。付き合う際、「お互い別の恋人を作ってもいい」という約束をしています。とはいえ、彼女に男がいる気配は今のところありません。お金も入れていますし、満足して貰うためにこまめにプレゼントをあげています。たまにはデートもします。女の人って、満足度さえ高ければ、他の男に目がいかないものなんですね。 今の彼女とは、もう二年になります。いわゆる「愛人」のように、月々の手当てを渡したり、マンションを用意してあげたり、というような付き合いはしていません。彼女が嫌がったからです。僕としては、ある程度の額を受け取ってもらった方が、なにかと気楽でいいんですけど。 もちろん、デートや旅行のお金は僕が全額持ちますし、二ヶ月に一度は高価なプレゼントを贈るようにしています。たまに美容器具なんかも買ってあげます。いつも綺麗でいてほしいですから。 でも、どうやら、彼女を一番満足させているのは、ベッドらしいです。 と言っても、あの、夜の営みのほうではありません。そっちのほうは、僕も勉強しているし自信もあるんですけど、その話はまたの機会に(笑)。 僕が買ってあげたベッドの話です。 初めて会ったとき、彼女はまだ学生だったから、かたーい、やっすーい、パイプ製のシングルベッドで寝ていたんですね。その頃の僕はわりとリッチな女の子とばかり遊んでいましたから、ちょっとびっくりしました。じゃれあっていてもギシギシ鳴るし、そもそも2人で寝れないし! 一晩眠れず我慢して、翌朝お店が開くのを待ち、青山にあるシーリーのショールームに連れて行きました。モデルのバイトをしている苦学生だっ彼女は、展示されいる値札にびびっていたらしいのですが、僕は有無を言わさず、とにかく全部に寝転がってみろ! と命じました。 結局、当時一番新かったダブルのマットレスとベッドフレームを買いました。ついでに掛け布団と枕を幾つか買い足し、カバーをシルクで揃えました。洗い替えも合わせて3セット。それで、100万もいかないぐらいだったと思います。ちょっと足を伸ばして表参道をぶらつき、僕が泊まった晩には着てほしいなと思うようなパジャマを、いくつか買ってあげました。 帰りのタクシーの中で、彼女の口数が少なくなっているのに気が付きました。 「もしかして、嫌だった?」 と聞くと、否定も肯定もしませんでした。でも表情で、微妙に「嫌だった」のだと分かりました。 別に特別喜んで貰おうと思っていたわけではなかったんですが、そのリアクションに僕はちょっとびっくりしました。 「勝手なことしたから怒ってるの?」 と言うと、彼女は今度ははっきりと首を横にふりました。よく見ると涙ぐんでいます。怒っているのではなく、傷ついているのだと分かりました。でも、なぜだろう? 僕にはさっぱり訳がわかりませんでした。 彼女は、高価なプレゼントを受け取るのはそれが初めてだったようです。「いいな」と思ったから僕を部屋に泊めたのに、こういうことをされて、お金で買われたような気分になったと言いました。「妻子持ちでもいい」と思って関係を持ったのに、逃げられたように感じた、と……。 僕はちょっと感動しました。とても綺麗な子なので誤解をしていたけれども、彼女はまっすぐに好意を抱いてくれていたらしいのです。 僕はまず、お礼を言いました。そんな風に思ってくれてありがとう、と。そして「誤解をさせてごめんね」と謝りました。 それから、次のような会話をしました。 「俺は、これからも会いたいなーと思ってるんだけど、もう俺には会いたくない?」 彼女はすぐに首を横に振りました。 「また部屋に泊めてくれる?」 今度はちょっと迷ってから、頷きました。 「じゃあ、俺を助けると思って、あのベッドを受け取ってくれない?」 彼女は首を傾げました。 「あのね、あのベッド代ぐらいのお金だったら、頑張れば俺は一日で稼げるの。それってひっくり返せば、ちゃんと俺が働けないと、その一日で百万の損失になっちゃうってことなの。だから、良いベッドで眠ることは、俺にとってその損失を防ぐことになるわけ。要するに、一晩あのベッドで俺が眠れば、元は取れるんだよ」 彼女に笑顔が戻りました。 ……まあちょっと、当時の僕としては見栄をはった部分もありましたが(笑)、完全な嘘ではありません。彼女はちょっと呆れていたようですが、最終的には納得してくれました。女の子に高額のプレゼントを受け取ってもらう際、「俺を助けると思って」というストーリーは割と使えますよ。 シーリーのベッドはハイクラスのホテルに入っているだけあって、本当に寝心地がいいんですよね。翌週彼女から感激の電話を貰ったのを覚えています。 これは営業にも利用されるセオリーですが、人は柔らかいものに触れている状態では、思考が柔軟になると言われています。毎晩眠るベッドで、買ってくれた僕のことを考えることは、実は、恋愛においても良い作用をもたらすんです。 僕と付き合うようになってから、彼女は垢ぬけたと思います。もともと綺麗な子でしたが、服や化粧品を買ってあげると刺激を受けたらしく、貪欲に研究するようになって、今ではぱっと人目を惹く華やかさがあります。 お誘いも増えたらしく。 内心ひやしやしています。 「いい人があらわれたら、そっちにいっていいからね」 平気なふりをして時々そう水を向けるのですが、彼女はいつも即座に「いやだ」と言います。別れるなんてまだ考えられない、付き合って二年になるけど、今でも毎晩僕のことを思い出すのだ、と……。 それはベッドのお陰じゃないかなあ、と思っているけど、黙っています(笑)。

どんな汚い仕事をしても、お金でその汚れを落とすことができる

プロフィール

この年齢で、年収ウン千万です……と言うと「さぞ忙しい生活をしているんでしょうね」とか「周囲の人と金銭感覚が合わなくて困りませんか」なんて言われます。 実際は、どちらもはずれです。僕はいちおう、週に四日は仕事をする日にしようと決めて、それを守ってはいますが、基本的には自分の好きなように時間をつかうことができます。 そして、僕みたいな若さで同じような収入を得ている人間が、僕のまわりにはたくさんいます。僕や友人らにとって、半年に一度の頻度で車を買い替えることはごく普通のことです。それから、ちょっといいなと思う女の子に、まだ深い関係になる前から、腕時計をプレゼントしてあげたりするのも、別に珍しいことではありません。もちろん、その時計のブランドがショーメなのか、カルティエなのかは、お相手のレベルに応じて決まります。いくら余裕があるからといって、いい女でもない相手に、僕たちは、財布の紐をゆるめたりはしません。 たっぷりとした休暇も、綺麗な女の子との割り切った、でも甘い関係も、どうやって手に入れるかは自分で決めることができます。それは僕たちにとって、ほとんど当たり前のことです。 綺麗な女の子たちと仲良くなると、彼女のような子たちが沢山いるパーティーに誘われるようになります。化粧品の新作発表だとか、新車のお披露目だとか、そういうやつですね。こうした、普通の人たちも参加するようなパーティーに顔を出すと、自分の金銭感覚が決して一般的なものではないということを思い出します。それから、五年前には自分も、こうした普通の人たちのうちの一人だったことも。 僕はこの数年間で年収を十倍にしました。 みんな、僕が一体なんの仕事をしているのかを知りたがります。 IT関係の企業家なのか、投資家なのか、開業医なのか……。僕の容貌が、それらの職業のどれにも見えないことに困惑します。確かに僕は企業家にしては隙があるというかフレンドリー過ぎますし、投資家というほど抜かりのない目を持ってはいません。平日の昼間はだいたいカフェで本を読んでいる、という話を聞けば、僕が医者でないことはすぐに分かります。 IT関係の仕事、と僕は答えています。実際には僕が携わって仕事の九割が、教育関連の仕事です。残りの一割はサイト作成など。これは実際にはお金にならないのですが、表向き、自分の仕事を誰かに説明するとき用のダミーみたいなものです。 僕は自分の仕事に後ろめたいことはありませんし、現在のような暮らしを送れることに満足しています。世間的にはこういった仕事に対するイメージが良くないことも理解していますが。 でも、往々にして、世間的なイメージすらも、お金で買うことができるのです。僕はそれをこの数年間で学びました。

To the top